スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ランキングと拍手 両方押してください!!
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

日本2

主要8カ国サミットがフランスのドービルで開幕
例の日本代表としてK氏が登場

K氏の提案
 事故(?)の教訓を国際社会と共有すべく
 各国の閣僚や専門家の参加を想定している
 また最大限の透明性を持ち、
 すべての情報を国際社会に提供する(読売新聞)

びっくり仰天の日本代表は恥ずかしげもなくやって来た
こちらは仕事をするベースになった土地に数日そのK氏は現れ
とにかくアメリカ大統領の傍へ傍へと歩みを進め
ドイツ、イギリス代表には目もくれずペンギン歩きで
もうnewsをみているのも……
東北の痛みを背負って来たのかと思いきや
参加できた事だけが嬉しい、実現不可能な提唱をして帰って行った
これはもう責める怒るなどという言葉ではとても表せぬ
怒りや悲しみを通り越し
日本はどうしたのか
なぜこの党が主党になり政治を司る事になったかお教えください

ジロ・デ・イタリア最終日、
FumyBeppu選手のことを書きたかったのになぁー
こんなことになってしまいました

チャリティーパーティー





スポンサーサイト
 ランキングと拍手 両方押してください!!
.30 2011 未分類 comment4 trackback0

comment

三愛地建スタッフ
エオマイヤさん。
彼が日本のトップになった理由は
私にもわかりません・・。
K氏は困ったちゃんです。
言う事、やることがジェリーフィッシュです。
フラフラ~、ぽよーん。
国民だけじゃなく、議員の中にもK氏下ろしの
風潮は高まっているようです。
もっとやらなきゃいけないことK氏には
山積み・てんこ盛りあるハズなんですが・・。
彼は一体、日本を・東北をどうしたいんでしょう。
2011.05.30 11:31
果樹園の昼寝・ROMI
K氏ばかりが困ったちゃんではありません。
次のポストは私のポストは? これが最大の関心事でフラフ~ラ議員ばかりが多いのが現実。
会議の結論が、目標さえも決まらないのは当然ですから、政府抜き自治体間協力の復旧活動も動き出しました。
どうやら日本はリーダーは国を動かす力なく飾り物のようですが、日本人のまじめさ勤勉さで災害は復旧が進みます、きっと。
※働く事は厭わない国民性、邪魔な放射能が無ければ有難いのですが。
2011.05.30 12:53
たーやん
ROMIさんが仰る通り、K氏だけではありませぬ。
国民と政治は今や完全に乖離しておりますわ。

政治がないほうがこの国はもっと住みやすくなるのでは?と、思ってしまいます。
2011.05.30 18:24
yokoblueplanet
こんにちは。
何故今の政権に移行したか?!私もず~っと海外なので外から見ていただけなのですが、分かっているのは、一つに皆さんが利権でがんじがらめの自民党の腐敗した政治に辟易していた事、更にその自民党を離れて一つの政党になった民主党の議員たちが新しい脱官僚政治構想を掲げた事、バブルが弾けて以来自民党下で不景気が余りにも長く続いていた事、などでその閉塞感から抜け出したいと云う切なる願いで一杯の人々には、民主党の声が新鮮に聞こえたのでしょうね。
所が、民主党の主導部はかなり左より。「マニフェスト」として掲げていた事項もほとんど机上の空論で使える手段がまったく準備されていなかった。役職も何故この人を?と思うような「お友達人事」ばかり。若手議員が自由に発言するのも御法度。民主主義下の政権とは思えません。
先日一年生議員の横粂さんが離党届を出しましたが、それは受理されず。。。自己利益だけに走る政党のやり方に嫌気がさしているようですが、その後どうなったか、興味ある所です。1人離党させてしまうと恐らく堰を切ったように流れ出る人も出る可能性大なのかと見ていますが。。。
とてもとてもまともに外交などできる状態ではありません。G8に出席してもう少しましな事を言うかと思えば、とんでもない。このままでは日本は喰いものにされるばかり。既に復興景気を狙って色々な動きが国外に見られます。更に今回の大震災で、危機管理の甘さを全世界に余す所無く露呈してしまいました。領土も守れません。嘆かわしい状態です。
責任を取れる大人がいないのです、政界に。原発を国策で推進してきた自民党の議員たちもほとんど黙りを決め込んでいて、今、明確に声を出しているのは河野太郎さんだけ。その他の少数野党にも目立った動きが見られません。
議員の中でも被災地に足を運んだのは本の少し。唯一福島で危険な時期、最初から炊き出しなどの手伝いをしていたのは作家で元長野知事の田中康夫さんだけ。実際に家族を亡くされた議員もいて、切々と津波の被害が如何に酷いものかを国会で訴えていましたが、反応は緩過ぎてお話にもなりません。この危機感の無さはどこに由来するのか、今でも???です。
これまで山積してきた日本の問題が一気に吹き出した観もあります。
福島第一原発同様、これからどうなるのか分かりません。非常に危険な状態にある事は確かです。
それでもまだ正確な情報を出さず、放射能汚染地域にいる住民に対し適切な安全対策を講じていません。子供たちの学校給食にも汚染されている地元の野菜や牛乳を与えようとしています(与えています)。茨城県鹿嶋市でそれをしないと云う発表をしたのですが、2日後にはその発表を変えなければならなくなっています。
生産者の生活が成立しなくなるので安全基準数値を変えてまで汚染された食品を安全とし、市場へ出す、学校給食に使う。こんな時こそ国が入って不可能を可能にしなくてはならないのですが、今の政府にはそれができない。子供たちが病気になる可能性が大の原因が今にある場合、その危険を今の時点で回避できるのですが、それができないのです。
と、長くなりましたが、私見です。不足している点がたくさんあると思いますが、単なる平和ボケでは括れない危機管理能力の欠如が見られます。
2011.05.31 04:26

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://theflyingtigers.blog58.fc2.com/tb.php/268-2577f616

プロフィール

エオマイヤ

Author:エオマイヤ
アメリカの雑誌社でそれこそ字のごとく雑用にあけくれる。
そのとき、なにを間違ってか映画と音楽の会社にスカウトされた。このとき初めてクロスバイクに乗って街を走る。
その快感はヨーロッパにいる今の私をつくっている。
なぜかってツール・ド・フランスをみてしまったからだ。
それゆえ旅して恋して、仕事が一番後ろにくる。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。