FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ランキングと拍手 両方押してください!!
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

砂漠の民

流浪の民は砂漠をラクダに乗り、颯爽と蜃気楼の彼方へ消える
などという私のイメージのアラブの砂漠を旅する遊牧民の人達、その子供達
彼ら独特の価値観を持ち、信仰や習慣にそって生活している
いざ子供が病に倒れたときの生存率はおのずと低くなり
その子供達を助けたい西洋医学に従事する者は
価値観の違いに阻まれ簡単には手出しすることも許されないのだ
この地球上には我が命さえもなげうち
先端医療を駆使し、幼い者達の命の尊さを説こうとその親達に説得を試みるが
まったく受け入れてくれない民もいることを知らぬ人達の多いことを 知らぬ

砂漠の民




スポンサーサイト
 ランキングと拍手 両方押してください!!
.29 2013 未分類 comment1 trackback0

comment

takechan0312
アブダビにはまだ行ったことありません。
私がドバイに行った頃はビザもいれば、女性ひとりの入国も厳しかったけど。
あれからすっかり変わったのでしょうね。
あの辺りでは砂漠の民のイメージはないのでは?
でもいつまでも変わらない夕日はあるかな。
いつもステキな絵をありがとう、楽しんでいます。
2013.01.29 19:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://theflyingtigers.blog58.fc2.com/tb.php/348-0c7ce916

プロフィール

エオマイヤ

Author:エオマイヤ
アメリカの雑誌社でそれこそ字のごとく雑用にあけくれる。
そのとき、なにを間違ってか映画と音楽の会社にスカウトされた。このとき初めてクロスバイクに乗って街を走る。
その快感はヨーロッパにいる今の私をつくっている。
なぜかってツール・ド・フランスをみてしまったからだ。
それゆえ旅して恋して、仕事が一番後ろにくる。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。